夫ホルモンにおいているテストステロン

男性が薄毛になる率といった女性が薄毛になる率を比べると、圧倒的に男性の方が高くなっています。

何でおんなじ毛髪も夫って女では薄毛の可能性が違ってしまうのかが問いになります。

ではなぜ男性の方が薄毛になる可能性が高いのかというと、それは夫ホルモンが影響を与えているからだ。

 

薄毛になる原因の一つに、夫ホルモンの影響があります。

夫ホルモンにおいているテストステロンが悪い影響を与えてしまい毛髪が抜け落ちてしまうようになっています。

夫ホルモンは、夫という女と比べて圧倒的に夫のほうが多くなっていますので、女よりも波紋が出やすいだ。

 

発端が男性の方が多くなっているというわけではなく、一つの発端が男性の方が影響し易いからこそ夫の薄毛に可能性が大きいだ。

ただ、可能性が低い女性でも、薄毛にならないわけではないですし、夫ホルモンが影響して薄毛になることもあります。

どんな人でも、絶対に薄毛にならないわけではなく薄毛になる率を秘めていますので、薄毛にならないための対策をして行く必要があります。

対策するためにも、異なる頭髪手伝いをしないことや、食べ物の不整を改善するようにしましょう。